訪問看護師の求人をお探しの方はコチラを参考にしてください!

訪問看護師の求人先選びの注意点は?

最近、求人数も増えて注目を浴びているのが「訪問看護師」の仕事です。 「訪問看護師」とは病院やクリニックに勤務するのではなく、民間企業が運営する訪問看護ステーションなどから直接療養者の自宅に訪れて看護業務を行なう看護師を指します。

求人数の増加とともに給与や待遇なども向上している「訪問看護師」の仕事ですが、求人先選びに際してはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

これまで看護師の職場は病院やクリニック、医療センターなどの医療機関が中心でした。 しかし医療の現場の変化や社会の高齢化により、病院やクリニックではなく自宅で看護を受けたいという療養者が増えてきています。

その療養者の声に応えて急成長しているのが、訪問看護ステーションという事業所です。 看護師の転職支援サイトやハローワークなどの求人を見てみても、この訪問看護ステーションや訪問看護師の求人募集が増えていることに気づくでしょう。

訪問看護師の求人を検討する場合の注意点としては次のようなものが挙げられます。

・仕事のローテーション

 一般的に訪問看護師は自分が担当する利用者(療養者)を訪問して看護業務を行ないます。  その就業形態には「担当制(担当する受持ち利用者が決まっている)」と「交代制(ローテーションで利用者宅を回る)」の2種類があります。

 担当制を採用している求人先であれば、自分の受け持つ利用者とじっくり向き合って看護を行なうことができますが、交代制であればそうした看護を行なうことはむずかしくなるでしょう。この担当制と交代制には一長一短があり、どちらが優れているかを決めることはできません。

 ただし、じっくりした看護をしたいという場合は担当制の求人先、ある程度ビジネスライクに働きたいというなら交代制の求人先を選ぶほうがいいでしょう。

・夜間オンコールの有無

 訪問看護ステーションの求人先のなかには、訪問看護師が夜間オンコールに応えて利用者宅を訪問するというシステムを採用しているところがあります。夜間オンコールのある求人先であれば、夜間や深夜でも訪問看護を行なう必要が出てくるでしょう。

 もし、夜間オンコールのシステムがある事業所で働くのは避けたいという場合は、求人先を検討する際に事前にしっかりチェックしておく必要が出てきますので注意してください。

・休祝日対応の有無

 訪問看護ステーションには多数の求人先がありますが、運営事業所によっては休祝日でも訪問看護を行なうという就業形態を採っているところがあります。休祝日にこだわらず働きたいという人なら問題ありませんが、そうでないのであれば事前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

・利用者とのコミュニケーション

 訪問看護師の仕事は利用者の自宅に直接訪れて看護業務を行なうということです。自宅を訪問するとなると、療養者本人はもちろんですが家族や付添いの人とも密にコミュニケーションを取る機会が多くなります。

 こうした状況では病院やクリニックのようなビジネスライクな関係を維持することはむずかしく、療養者の状態に関するコミュニケーションだけでなく時には個人的な事柄にまで立ち入らざるを得ないケースもあるかもしれません。

 訪問看護を行なううえでは避けて通れないコミュニケーションの問題ですが、求人先の事業所がどこまで看護師をサポートしてくれるかは重要なポイントといえます。求人先を検討する場合は、事業所のサポート体制についてもしっかりチェックしておきましょう。

訪問看護師の求人先を比較検討するなら、事業所に関する詳しい情報を得やすい看護師転職支援サイトを利用するのが便利です。転職して働き始めてから後悔することがないよう、求人内容については事前のリサーチを充分に行なってください。