訪問看護師の求人をお探しの方はコチラを参考にしてください!

訪問看護師の求人先選びの注意点は?

高齢化の影響もあり、最近求人数が増えて注目を浴びているのが訪問看護師」の仕事です。

「訪問看護師」とは病院やクリニックに勤務するのではなく、民間企業が運営する訪問看護ステーションなどから直接療養者の自宅に訪れて看護業務を行なう看護師を指します。

求人数の増加とともに給与や待遇なども向上している「訪問看護師」の仕事ですが、求人先選びに際してはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

ここでは、その求人選びの注意点と訪問看護師に強い求人サイトをランキング形式でご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

訪問看護師に強い求人サイトランキング

ナース人材バンク
ナース人材バンク
2013年度、看護師紹介でNO.1の実績を誇ったのがナース人材バンクです。全国各地の看護師求人が一挙に集結しておりますので、初めての転職する看護師さんにも安心してご利用いただけます。また、訪問看護の求人や非公開求人も多いので好条件な職場を狙っている方にもおすすめです!

看護のお仕事
看護のお仕事
テレビCMでもお馴染み、人材紹介大手のレバジーズが運営する看護師転職サービスです。特に求人数が豊富という訳ではありませんが、地域の医療機関に詳しいコンサルタントがおりますので、自分の希望に沿う良質な求人先を提案してくれます。他にはないサポート力が魅力です。

ナースパワー人材センター
ナースパワー人材センター
看護師紹介会社として25年間もの長いキャリアを積み上げてきました。その為、求人先からの信頼感が大きく、転職活動も有利に働きやすいところが魅力です。常勤の他にも、パートや単発のお仕事も多いので、ライフスタイルに合わせた働き方を提供してくれます。
ナースではたらこ
ナースではたらこ
求人紹介サイトで人気の大手dipが運営している看護師転職サービスです。高収入が狙えたり、働くママに安心の託児所付医療機関など、応募が集中しやすい人気求人を数多く取り揃えています。お祝い金がもらえる嬉しいサービスも用意されていますよ。

ベネッセMCM
ベネッセMCM
教育教材として有名なベネッセグループによる看護師専門の求人サイトです。ベネッセの特徴は、夜勤や派遣、単発の仕事が多いところです。看護師転職に精通したコンサルタントが易しく丁寧にサポートしてくれますので、ブランクがある方でも利用しやすいです。

訪問看護師、求人先選びで重視したい4つのポイント

これまで看護師の職場は病院やクリニック、医療センターなどの医療機関が中心でした。

しかし医療の現場の変化や社会の高齢化により、病院やクリニックではなく自宅で看護を受けたいという療養者が増えてきています。

その療養者の声に応えて急成長しているのが、訪問看護ステーションという事業所です。 看護師の転職支援サイトやハローワークなどの求人を見てみても、この訪問看護ステーションや訪問看護師の求人募集が増えていることに気づくでしょう。

訪問看護師の求人を検討する場合の注意点としては次のようなものが挙げられます。

・仕事のローテーション

 一般的に訪問看護師は自分が担当する利用者(療養者)を訪問して看護業務を行ないます。  その就業形態には「担当制(担当する受持ち利用者が決まっている)」と「交代制(ローテーションで利用者宅を回る)」の2種類があります。

 担当制を採用している求人先であれば、自分の受け持つ利用者とじっくり向き合って看護を行なうことができますが、交代制であればそうした看護を行なうことはむずかしくなるでしょう。この担当制と交代制には一長一短があり、どちらが優れているかを決めることはできません

 ただし、じっくりした看護をしたいという場合は担当制の求人先、ある程度ビジネスライクに働きたいというなら交代制の求人先を選ぶほうがいいでしょう。

・夜間オンコールの有無

 訪問看護ステーションの求人先のなかには、訪問看護師が夜間オンコールに応えて利用者宅を訪問するというシステムを採用しているところがあります。夜間オンコールのある求人先であれば、夜間や深夜でも訪問看護を行なう必要が出てくるでしょう。

 もし、夜間オンコールのシステムがある事業所で働くのは避けたいという場合は、求人先を検討する際に事前にしっかりチェックしておく必要が出てきますので注意してください。

・休祝日対応の有無

 訪問看護ステーションには多数の求人先がありますが、運営事業所によっては休祝日でも訪問看護を行なうという就業形態を採っているところがあります。休祝日にこだわらず働きたいという人なら問題ありませんが、そうでないのであれば事前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

・利用者とのコミュニケーション

 訪問看護師の仕事は利用者の自宅に直接訪れて看護業務を行なうということです。

自宅を訪問するとなると、療養者本人はもちろんですが家族や付添いの人とも密にコミュニケーションを取る機会が多くなります。

 こうした状況では病院やクリニックのようなビジネスライクな関係を維持することはむずかしく、療養者の状態に関するコミュニケーションだけでなく時には個人的な事柄にまで立ち入らざるを得ないケースもあるかもしれません。

 訪問看護を行なううえでは避けて通れないコミュニケーションの問題ですが、求人先の事業所がどこまで看護師をサポートしてくれるかは重要なポイントといえます。求人先を検討する場合は、事業所のサポート体制についてもしっかりチェックしておきましょう。

訪問看護師の求人先を比較検討するなら、事業所に関する詳しい情報を得やすい看護師転職支援サイトを利用するのが便利です。転職して働き始めてから後悔することがないよう、求人内容については事前のリサーチを充分に行なってください。

 訪問看護師に強い求人サイトランキング